薬剤師の転職と薬剤師の将来像

今後薬剤師に求められるものを考えてみる

薬剤師の将来像を踏まえて考える転職先

病気やけがの際に利用する薬については、いつものことと安心して利用する方が多いと思いますが、安心して利用できるのも薬剤師のおかげであると言えます。

日頃、良く飲んでいる薬、馴染みある(と思ってしまう)薬であっても薬は薬であり、使い方を誤れば毒になってしまう物質です。薬を間違って飲んでしまうと人体に健康被害が出てしまうので正しい知識とスキルを持った資格者の元で販売することが必要なものなのです。逆にいうと、薬を扱うことのできる有資格者が薬を提供しないと安全性を保つことができません。そのために、薬剤師という資格があり、薬剤師が存在し働いています。

薬は誰でも売ることができるというわけではなく薬に関する知識を持った薬剤師だけが売ることができるのです。したがって、患者さんに薬を販売する薬局では必ず薬剤師が在籍し、場合によっては数名の薬剤師が働いています。

ただし、2009年からは登録販売者制度ができ、第二類以下の医薬品については登録販売者でも販売することができるようになりました。例えば、ドラッグストアで働く人は大きく「薬剤師」「登録販売者」「一般販売者」(=無資格者)と分かるように表示がなされていますので気付いている方も多いと思います。

薬剤師の求人については、薬を扱ううえで薬剤師が必要である以上、薬剤師が不要となることはありません。ただし、前に述べたように、現在薬剤師が担っている仕事が国の方針により、別の有資格者でも可能となることはあり得る話です。

よく言われるのが、薬剤師の調剤です。薬剤師は高度な専門知識を有している資格者ですが、そのような専門家が薬のピッキングに終始する仕事でよいのかという議論です。ベテランの薬剤師になるほど、1つの薬のピッキングをするにもその背景を考えながらピッキングをしているということは言われますが、そのように医師の診察内容を推察することと実際にピッキングすることはまた別の話とも言えます。

そうした議論を受けて、将来的には調剤補助という資格者が出てくる可能性は十分にあり得ます。その場合薬剤師はもっと高度な知識を要する業務にシフトしていくことは間違いないでしょう。そのためにも、転職で求人を探す際には将来を見据えた求人を探すことが大切だと言えます。

定期的に、薬剤師が将来求められることは何なのか?と言うことについて考えてみることは将来を考えると決して無駄にはならないことだと思います。その考察のアドバイザとして転職サイトのコンサルタントを利用してもよいでしょう。
薬剤師求人福岡転職ガイド

運営者情報
[ このページは若葉のテンプレートで作成されています ] (C) 薬剤師求人福岡エクスペクティング